メインイメージ

動物の事を知ってく「雑学知識」

地球上には様々な動物が暮らしています。大きなくくりで考えれば、人間もその動物の一部です。そんな動物たちの中には、人間から見れば信じられないような姿かたちをしたものが多くいます。

昆虫や深海魚など、一体どうしてそんな奇妙なかたちになったのかと、驚かされるばかりです。動物達の中には過酷な環境や周囲の環境に適応するために、形を変えながら進化してきたものたちが少なくありません。

確認したいサイト
撮影した画像を見れば違いがわかる

人間の祖先も猿のような生き物ではなかったかとか、さらにその前の姿は魚のような生き物であったとか、徹底的ににさかのぼると微生物のようなものであったのではないかと推察する研究者もいます。

そんな動物たちの雑学を知ることは、大きな視野を持つならば人間を知ることにもつながります。

たとえばこんな雑学があります。犬や猫など多くの人に愛されている動物は数多いですが、動物園の人気者といってすぐに思いつくものの中にペンギンがいます。

確認したいサイト
不用品なら何でも大丈夫なんです

ペンギンには知ると面白い雑学がたくさんあります。短い脚でぺたぺたと足跡をつけながら、よちよち歩く姿は子どものみならず大人の心をも虜にします。

かつては空を飛ぶ鳥だったと言われる翼の痕跡のような手やくちばしは、ふっくらした胴体とアンバランスに見えて面白いものです。しかし、一見しただけではまったくわかりませんが、実はペンギンの脚は長いのです。このことは、骨格標本などを見ると明らかです。

ペンギンは寒さから体を守るため、体外に出している部分をできるだけ少なくしています。ペンギンが住んでいる環境を思い起こしてください。氷河に覆われた極寒の地で彼らは生活しています。

確認したいサイト
日本人にオススメのホテルを

そのため、表面上からはまったくわかりませんが、実は足首のあたりまで皮下脂肪で覆いつくしているため、脚が短く見えます。

ペンギンが過酷な環境で生活していくために、徐々に本来の姿から今の姿になっていったのだとしたら、生命の不思議を感じずにはいられません。

人間は食べ物などから摂取した栄養で脳を大きく育てることで知性を身につけ、大きくなりすぎた頭を安定させるために四足から二足歩行に移ったとする説があります。

人間は知性を獲得したことで、様々な発見や発明をし様々な困難な環境を生き抜くことができ、現在のように圧倒的に数を増やしました。動物たちの中にも同じことが起こるとしたら、人間たちは恐怖を感じるでしょうか。それとも、新しい種類の人間として彼らを歓迎するのでしょうか。